忍者ブログ
[334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは,吉原です.


8月31日,9月1日の2日間を通してエンジンのベンチテストを行いました.

目的は広島大会の状態での性能を評価することと,広島大会前にできなかった吸気系の比較データを取ることです.

時間が余れば広島大会前に問題があったセルモーターを新しくボアアップ用セルモーターに変更したので,その動作テストを行うつもりでした.


今年はエンジンに大きな改良を加えていないと言いつつも,圧縮漏れを改善させたので,圧縮比を11.9から14.3に上げたので良い結果が出るものと期待していました.


広島大会後の状態で計測した結果,去年より良くはなっていました.しかし,結果の伸びが予想以上に悪かったので少し期待が外れてしまいました.

その後,吸気系の比較を条件を5つ変えて評価してみました.
結果的には,大会で使用していたものが最も良い結果を示していたので,大会では狙った通りの効果を発揮していたのではと思います.

吸気系の緒元によって,それぞれ少しずつですが特性が違った面白い結果になったので,後輩が吸気系の設計をするときに参考になれば幸いです.


予想以上に順調にベンチテストが進んだので2日目の午前中には終わり,午後からはセルモーターの動作テストと,来週行うつもりだった点火タイミングの変化させるテストを予定繰り上げで行いました.


セルモーターは問題なく動作し,以前使っていたものより良さそうなので,茂木にはこれで行こうと思います.

点火タイミングを変化させるテストは,現在のエンジンに合わせた点火時期に変更することと,点火タイミングの進角制御を行っていくためのデータ取りを兼ねて計測しました.
ロータリエンコーダを導入したのでプログラムを書き換えながら変化させた時のトルクや燃料消費量を見ながらデータを取っていきました.

来週に向けた練習程度にやってみたのですが,変化量が小さいので今の計測方法では難しい気がしました.


なかなか一気に良い結果が出てくれないことにはジレンマはありますが,良いか悪いかの評価が出せずうやむやになるよりは,一歩ずつでも前進しているので,成果はあると思います.

現在の問題点を踏まえて来年は新しいものドーンと導入できればと考えています.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エコランズ
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1997/05/01
趣味:
エコラン
自己紹介:
エコランプロジェクト とは
" クルマの省エネルギー化を追求する活動を行っているプロジェクトです "

1997年、自動車やエンジンに興味がある学生有志が集まり、省燃費競技大会へ参加することを目的に発足しました。
2001年には省消費電力競技大会World Econo Move への参加を開始して現在に至ります。

" エンジンエコラン " および " EVエコラン "専用の車両の開発を行うと共に、日本各地で開催される競技大会に参加しています。
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright c K.I.T. エコランプロジェクト 活動日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]