忍者ブログ
[264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、吉原です。


またまた、過去記事で申し訳ないのですが前回紹介した
リアのディスクホイールアセンブリの2日後の試走内容を書いていたので載せます。


9月19日日曜日に北陸中部自動車教習所をお借りして
エンジンエコランの試走を行いました。
天気は曇りで暑くもなく寒くもない秋を感じさせる天気でした。

広島大会後2回目の試走ですが、今回の試走目的は
新しく製作した製品の動作確認、安全確認です。


今回の試走から導入された主な新パーツは
カーボンディスクホイール及びフリー機構内蔵のハブ、
リアスプロケット、ステアリング、セルスイッチ、
サージタンク、スロットルボディ、もてぎ仕様の燃料ラインです。



新しい物が沢山導入された試走だけに、
いそがずあせらずで取り組みました。



12Kのカーボンが見えるのでとても綺麗です。


もてぎでの大会では燃料ポンプを使用してインジェクターに
燃料を供給するので燃料ラインが広島大会とは異なります。


今回の試走では、この燃料ラインのエア発生が大きな問題となりました。



新しく製作したステアリング周りです。
一番目を引くのは赤いカバーのかかったセルスイッチです。
このステアリングの形状は1年生の辻田さんが試行錯誤して作ったものです。

試走の結果、もう少し舵角がついて欲しいという要望がありましたが
概ね良い感触でした。



その辻田さんも先輩と一緒にアライメント調整を行っています。



新しく作ったカーボンディスクホイールもシャシローラー上で
問題無く回ってくれました。回った瞬間は全員「おぉぉ!」と
声をあげていました。


以前のドグクラッチとは異なり、駆動が繋がる衝撃が少ないので
初めはいつ繋がったの分からない感じで違和感がありました。


燃料ラインの問題などでなかなか出走できず、結局1回しかトライ
できませんでしたが、特に大きな問題もなく走れたのでよかったです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エコランズ
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1997/05/01
趣味:
エコラン
自己紹介:
エコランプロジェクト とは
" クルマの省エネルギー化を追求する活動を行っているプロジェクトです "

1997年、自動車やエンジンに興味がある学生有志が集まり、省燃費競技大会へ参加することを目的に発足しました。
2001年には省消費電力競技大会World Econo Move への参加を開始して現在に至ります。

" エンジンエコラン " および " EVエコラン "専用の車両の開発を行うと共に、日本各地で開催される競技大会に参加しています。
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright c K.I.T. エコランプロジェクト 活動日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]