忍者ブログ
[275] [274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、吉原です。


エコランとは話が外れてしまいますが小ネタ
として紹介したいと思います。



夢考房41号館の入り口すぐ横の普段は自転車
パンク修理エリアでミニバイクのタイヤ交換をしました。(笑)

ちゃんと技師の許可は得ているので問題ないはず?です。


私もCBR150Rというタイホンダ製のバイクに乗って
いてタイヤ交換の経験がありますが、まだ経験が
少ないのでタイヤを外す作業や、またタイヤをはめて
からビードを起こすのに結構苦労しました。



またこのバイク、KSRのクラッチプレートの加工を
先輩に頼まれたのでNCフライス盤の練習材料として
使わせて頂きました。


クラッチプレートの外径を削りたかったので冶具に
固定して周りをエンドミルで削りました。

今回は全てプログラムを自分で書いて実行してみました。
以前からNCフライスは数回使ったことはあったのですが
ブロック運転のサイクルを使ったり、ハンドル円弧で
簡単な円形加工をやっただけでした。

3か月ぶりくらいにNCフライスを使ったので初期設定の
原点復帰など、マニュアルを読みながら思い出していた
ので時間がかかってしまいました。

前日に書いたプログラムをNCVCというフリーのCAMソフト
を先輩に教えていただいたので、それを使ってシュミレート
してから、いきなり加工は怖かったので空運転してたのですが、
いきなり問題が・・・。

狙った場所に工具が動かない・・・。原因は小数点以下の
数値がうまく入力されていなかったようです。また、Z軸
キャンセルを入れていたので、Z方向に動かないことに
数分掛かって気づきました(汗

そんなこんなで何とか加工ができ、自分が狙った寸法から
直径で0.01mmのズレだったので、許容範囲内でした。
(特に厳しい寸法公差のいるところではないのですが。)


やっぱり実際に加工してみないと分からないことだらけでした。
あと不思議に思ったのが円形の加工をして、最後の仕上げ削り
でエンドミルの側面で仕上げるので2回同じところを移動させて
仕上げたのですが、加工面に薄く波ができていました。

波ができているところはテーブルのX-Y平面のそれぞれ45度方向
に少しあるという感じでした。刃物と被削材の剛性?が原因なのか
と加工自体は単純ですが、色々考えさせられた加工でした。


もっと練習して加工がうまくなって、エコランにフィードバック
できたらいいなと思いました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エコランズ
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1997/05/01
趣味:
エコラン
自己紹介:
エコランプロジェクト とは
" クルマの省エネルギー化を追求する活動を行っているプロジェクトです "

1997年、自動車やエンジンに興味がある学生有志が集まり、省燃費競技大会へ参加することを目的に発足しました。
2001年には省消費電力競技大会World Econo Move への参加を開始して現在に至ります。

" エンジンエコラン " および " EVエコラン "専用の車両の開発を行うと共に、日本各地で開催される競技大会に参加しています。
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright c K.I.T. エコランプロジェクト 活動日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]