忍者ブログ
[348] [347] [346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは,吉原です.

9月26日(月)15:00から予定されていた茂木大会見極めが夢考房41号館で行われました.

広島大会後の変更点の説明と安全性の確認がメインで,その後に技師たちとの質疑応答という形で終わりました.

今回の見極めに間に合うことができなかったリアの動力伝達とエンジンマウントに関しては後日再見極めを行い,その後結果を通達されるという形になりました.




見極めが早く終わったのでシャシローラーテストを行いました.

前回の試走で問題になっていたA/F表示の異常の対策がうまくいったかを確認するためのテストでした.

目的通り,A/F表示の異常は試走の時のような症状は出ず,対策がうまくいっていたようです.
この日はオリジナルECUの生みの親の松野さんも来てくれました.



せっかくシャシローラー上でA/F表示のテストを繰り返し行なっていたのでエンジンの方のテストも同時に行いました.

まずはエンジン温度変化の特性を見ました.
燃料噴射量を固定して,エンジン温度変化によるA/F値の変化と20~30km/hまで加速する時間を計測してどこまで燃料噴射量を少なくできるか限界までやってみました.

結果としては,エンジン温度が10℃上がる毎にA/F値が約1ずつ小さくなり,加速時間はほとんど一定でした.
加速時間がほとんど変わらない場合,可能な限り燃料噴射量が少ない側の方が良いので,エンジンストール,ノッキングしない程度にギリギリまで薄く燃料を吹いてみると,エンジン温度が下がってもA/F18くらいを保てれば完走できそうなことが分かりました.


大きな変更を加えることはありませんが,セッティングの詰めの部分をこれから行なっていきたいと思います.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
プロフィール
HN:
エコランズ
年齢:
23
性別:
非公開
誕生日:
1997/05/01
趣味:
エコラン
自己紹介:
エコランプロジェクト とは
" クルマの省エネルギー化を追求する活動を行っているプロジェクトです "

1997年、自動車やエンジンに興味がある学生有志が集まり、省燃費競技大会へ参加することを目的に発足しました。
2001年には省消費電力競技大会World Econo Move への参加を開始して現在に至ります。

" エンジンエコラン " および " EVエコラン "専用の車両の開発を行うと共に、日本各地で開催される競技大会に参加しています。
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright c K.I.T. エコランプロジェクト 活動日記 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]